松山人車軌道

大正11年−昭和5年

軌道路線図と概要
[Prototype of the RailRoad]
軌道路線図
 大正11年(1922年)から昭和初めにかけて、現在のJR東北本線松山町駅(宮城県:東北本線小牛田の一つ手前)を起点に町中心部までの2.51kmを、約15分で結ぶ軌間610mmの「松山人車軌道」が存在した。
 軌道は全線単線で、途中2ヶ所(竹ノ花と金ヶ崎)に人車行き違いのための待避所を設け、車庫は町中心部の終点(横町角)にあった。
人車  人車(客車)は長さ1.82m,幅1.21m,高さ1.82m,車輪径305mmの2軸車,定員8名で、通常は押し夫が一人(悪天候時は二人)で押していた。記録によると昭和4年(1929年)当時、人車(客車)4輌、貨車3輌を保有していた。(注1)
 運賃は大人20銭で子供は半額の10銭、貨物は1ton当たり70銭で自転車は15銭であった。
 松山人車軌道はその後、昭和3年(1928年)に旅客部門を廃止し昭和5年(1930年)には営業を廃止するに至った。
 現在、宮城県松山町ふるさと歴史館と東京の交通博物館に、この松山人車軌道の人車が復元保存されている。なお、松山町御本丸公園内コスモス園でコスモス祭期間中運転される人車は複製品である。
 復元保存されている人車は、宮城県志田郡松山町の公園に完全な形で保存されていた車体を、松本善右衛門氏(松山人車軌道株式会社の当時の社長)から寄贈を受けて松本家に残る図面を基に忠実に復元したものである。自重300kgで車輪は軸受部にボールベアリング付き、電灯は車内及び妻面両端に各一ヶ備わり発電機による点灯であった。車体は土台・柱がタモ、その他が米松、桂が材料であった。(注2)

 注1:出典は和久田康雄氏著「私鉄史ハンドブック」(電気車研究会 1993年)による。
 注2:出典は鉄道ファン28号(1963年)川上幸義氏著「人車は残っていた」による。

人車[古写真と複製人車]
[the PassengerWagon]
松山人車軌道古写真
松山人車軌道の古写真(左)と現在(右)の対比。古写真は宮城県松山町商工会提供絵葉書(所蔵:田渕洋治)
コスモス祭り人車運転
御本丸公園内コスモス園でコスモス祭期間中運転される複製人車(1) 写真は電鉄倶楽部所有写真
コスモス祭り人車運転
御本丸公園内コスモス園でコスモス祭期間中運転される複製人車(2)
写真は宮城県松山町商工会提供絵葉書(所蔵:田渕洋治)

コスモス祭の問い合わせは松山町役場産業振興課 TEL0299-55-4911

Email:tabuchi@kk-net.com © by Yoji Tabuchi, All rights reserved