大原・大多喜間人車軌道

大正元年−大正10年

軌道路線図と概要
[Prototype of the RailRoad]
路線図
路線図は佐藤信之氏著「人が汽車を押した頃」より転載
 大正元年(1912年)から大正10年(1921年)にかけて、現在の千葉県大原町のJR外房線大原駅と大多喜町間の約15.5kmに軌間610mmの県営人車軌道が存在した。
明治末期の大多喜町  大多喜町は江戸時代に大多喜藩27万石の城下町として栄え、明治になって廃藩置県後も引き続き郡役所が置かれ行政の中心地であった。そこで、この軌道は行政中心地の大多喜町と当時の流通の要地大原町を結ぶ役割を担っていた。
 千葉県が関係した人車軌道は本軌道以外に茂原・長南間の軌道があるが、こちらは軌道条例に拠らず道路の付属物として管理されていた為、軌道条例による千葉県営人車軌道はこの大原・大多喜間が唯一であった。
 軌道は単線で、県道上に敷設された併用軌道と専用軌道で構成されていた。路線図に示すように3つの停車場と4つの停留所と2つの待避場が設けられ、大原停車場が軌道運営の拠点とされていた。
 運営は全て県が行っていたので、押し夫は正式な千葉県職員で制服制帽が貸与されていた。押し夫の賃金は当時としてはかなり高給であった。

人車古写真
[the PassengerWagon]
人車 開通式の大原停車場

人車 大原停車場の人車

人車 東海村新田隧道の人車

 運行は、一日9往復で全線を2時間半で結び、人車(客車)は押し夫が二人で押す長さが7フィート2インチの8人乗り人車と、押し夫が一人で押す4人乗りの人車が存在した。運賃は、大原−大多喜間は20銭程度に設定されていたようだが大正7年には46銭まで値上げされた。
 この軌道は、大原−大多喜間を歩くよりも遅かったらしい。また、脱線・衝突の事故も多かった。勾配区間が多いという理由が考えられる。
 大正6年(1917年)当時、一日平均乗客150人、貨物8トンの輸送成績であった。経営は赤字続きであった。
(写真は葛飾区郷土と天文の博物館編「かつしかブックレット15 帝釈人車鉄道」から転載)

夷隅軌道
[Prototype of ISUMI RailRoad]
ガソリンカー
県内初の20馬力エンジン搭載ガソリンカー(写真所蔵:白土貞夫氏)
 県当局は、経営が苦しかったこの軌道を大正9年(1920年)に一旦個人に払い下げたが、その後大正10年(1921年)に設立された地元資本の夷隅軌道株式会社に特許権が譲渡された。
 当初、夷隅軌道は引き続き人車のままで運行していたが、大正11年(1922年)に動力変更を出願し、翌年に20馬力のエンジンを搭載した定員10人のガソリンカーに切り換えた。
 これにより所要時間は1時間に短縮され輸送量も大幅にアップしたが、その間に政府は夷隅軌道と並行する木原線の鉄道建設を決定した。そのため、将来的には経営が成り立たなくなると判断した夷隅軌道は政府に対して買収請願書を提出し、昭和2年(1927年)に政府による買収が決定し夷隅軌道株式会社は解散し軌道は消滅した。
 夷隅軌道で使用していたガソリンカー4輌とレールは、その後に栃木県の宇都宮石材軌道に売却された。国鉄木原線は現在では第三セクターの「いすみ鉄道」である。

白土貞夫氏
[Profile of Sadao Shirato]
著書  本編をまとめるにあたり、鉄道史家として高名な白土貞夫氏の著書「ちばの鉄道一世紀」(崙書房)を全面的に引用した。ここにあらためて謝意を表する。
 白土貞夫氏は1933年に東京都に生まれ、現在は(財)簡易保険加入者協会関東地方本部職員課長を勤められている。鉄道友の会理事、鉄道史学会会員でもある。
 氏の鉄道史家としての活躍は、過去から現在にかけての鉄道ピクトリアル誌における多数の発表記事があり、その他に共著書「水郷汽船史」(筑波書林)がある。
■崙書房の問い合わせ先■
 発行所 崙(ろん)書房出版株式会社
 郵便番号270-01 千葉県流山市流山2-296-5
 TEL 0471-58-0035
 FAX 0471-58-2316

佐藤信之氏
[Profile of Nobuyuki Sato]
著書  本編をまとめるにあたり、佐藤信之氏の著書「人が汽車を押した頃」(崙書房)も併せて全面的に引用した。ここにあらためて謝意を表する。
 佐藤信之氏は1956年に東京都に生まれ、現在は亜細亜大学経済学部非常勤講師等を勤められている。日本交通学会会員、公益事業学会会員、鉄道史学会会員でもある。
 氏の著書は、上記以外に「房総の乗合自動車」(崙書房)がある。
■崙書房の問い合わせ先■
 発行所 崙(ろん)書房出版株式会社
 郵便番号270-01 千葉県流山市流山2-296-5
 TEL 0471-58-0035
 FAX 0471-58-2316

Email:tabuchi@kk-net.com © by Yoji Tabuchi, All rights reserved