乙女人車軌道

明治32年−大正6年

軌道路線図と概要
[Prototype of the RailRoad]
軌道路線図
 乙女人車鉄道は、東北本線(現JR)間々田駅と思川河岸の乙女河岸間を結ぶ路線長約2.45kmの軌間610mmの人車鉄道であった。
乙女河岸模型  乙女人車鉄道は当時地元に住む加藤忠吉氏が個人で敷設した人車軌道で、東北本線の開通や利根川蒸気船の運行により河岸物資輸送が衰えて行く中で、思川水運の衰退をくい止める為に乙女河岸を新たな物資輸送の基地として存在価値を高めよう考えた。
 具体的には、栃木県北部の那須、黒磯の各駅から発送される薪炭やその他物資を東北本線を利用して間々田駅まで輸送し、間々田駅から人車鉄道により乙女河岸まで運搬し、ここで思川水運を利用して東京の深川・本所まで船で運搬する事により廉価に物資を輸送する事を企図していた。
人車鉄道イメージ  乙女人車鉄道の開業は明治32年(1899年)で、旅客は扱わず貨物輸送専用軌道であった。明治43年(1910年)当時、貨車(トロッコ)30輌を保有していた。
 しかしながら、乙女人車鉄道の経営は目的通りに進まなかった。間々田駅での人車鉄道への積換えや乙女河岸での船への積換えが煩雑な上、東北本線の鉄道輸送が更に発達した事が原因であるが、それ以上に思川の度重なる洪水による水害で思川水運の輸送機関としての機能が度々阻害されていた事に主原因があった。
乙女人車鉄道変遷図  明治43年(1910年)の洪水が発端になり、明治44年度(1911年度)から利根川一帯の河川改修工事が開始され、大正12年(1923年)までの長期に渡る改修工事に至った。
 これにより加藤忠吉氏の当初の目論見は外れ、乙女河岸の再興計画も露と消えてしまった。
 このような思川の変遷により乙女人車鉄道もその目的が大きく変化し、当初の間々田駅から乙女河岸への物資輸送が今度は思川の砂利を乙女河岸から間々田駅に運搬するという逆の方向へと変わって行った。
 これに伴い乙女人車鉄道は加藤忠吉氏の個人軌道から、大正元年(1912年)に乙女砂利専用鉄道合資会社に譲渡され、更に大正4年(1915年)に大正砂利株式会社に譲渡されて行った。
 乙女人車鉄道も時代の変遷の中で河川交通への中継交通機関として存在意義を見いだして自らも形態を変えて行ったが、大正6年(1917年)についに廃止され開業以来約20年の歴史に幕を降ろすに至った。
広報小山 2009.2/1号

引用参考文献
 写真提供ならびに著書引用に関して下記の方々に深謝の意を表します。
 大町雅美氏著「栃木県鉄道史話」(落合書店 1981年)
 和久田康雄氏著「私鉄史ハンドブック」(電気車研究会 1993年)
 広報小山平成21年2月1日号

Email:tabuchi@kk-net.com © by Yoji Tabuchi, All rights reserved