和賀軽便軌道

明治40年−大正11年

軌道路線図と概要
[Prototype of the RailRoad]
軌道路線図
注:軌道路線図は一部推定により記入。
大正初期黒沢尻町本通り  和賀軽便軌道は、明治40年(1907年)から大正11年(1922年)まで黒沢尻(現JR東北本線北上駅)から仙人(現和賀町仙人にあった仙人鉱山)間の約20.1kmに運行された軌間762mmの人車鉄道である。
 和賀軽便軌道は仙人鉱山(仙人製鉄所)の物資輸送を目的に建設されたもので、その盛衰は仙人鉱山(仙人製鉄所)と運命を共にした。
仙人鉱山採掘風景  明治時代の鉄道資本家で「軽便鉄道王」と言われた雨宮敬次郎は、鉄道経営以外に製鉄業に対する熱意も大きく、明治27年(1894年)に岩手県の仙人鉱山を買収し、明治40年(1907年)に仙人製鉄所(12トン、15トンの高炉)を発足させ本格的な生産を開始した。
 和賀軽便軌道(設立当初は和賀軽便人車軌道)は、仙人製鉄所の重役と黒沢尻町の有力者が発起人となって設立され、明治38年(1905年)に軌道の特許が交付された。そして明治40年(1907年)に黒沢尻−仙人間を開通させた。
 黒沢尻から烏谷森間は平和街道(国道107号)上の併用軌道で、そこから和賀川を渡り岩沢の集落を抜けて和賀川沿いに仙人鉱山に至った。
 輸送は貨車(トロッコ)による貨物(鉄鋼石、銑鉄、その他物資等)が主体で旅客は付け足しに過ぎなかった。旅客は6人または8人乗りの人車を押し夫が2人で押していた。
 大正9年(1920年)当時、人車10輌、貨車(積載重量1.5トン)90輌を保有していた。
和賀軽便軌道の人車
馬力動力変更  人車鉄道として開業した和賀軽便軌道は、開業わずか6年後の大正2年(1913年)に輸送の効率化を理由に馬力に動力変更した。しかしながら、この時に馬力に変更されたのは旅客のみで、貨物輸送に関してはそれ以前から馬力が導入されていたようである。特に烏谷森以西の急勾配(平均15、最急25パーミル)区間では人車でさえ最大4人押しで、バールを肩にかけテコの応用で押し上げていたので、貨物に関しては人力で押し上げる事が可能であったか否か疑問である。貨物輸送は当初より馬力であったという説もある。
 以下に開業当時(明治40年)と最盛期(大正7年)の時刻表を示す。
明治40年(1907年)当時の時刻表
発着所黒沢尻--->仙人 発着所仙人--->黒沢尻
黒沢尻 6:00 9:3015:30 仙 人 6:3011:5014:00
烏谷森 8:2011:5017:20 烏谷森 7:0012:2014:40
仙 人 9:0012:3018:00 黒沢尻 9:0014:3016:40

大正7年(1918年)当時の時刻表
発着所黒沢尻--->仙人 発着所仙人--->黒沢尻
黒沢尻 7:00 9:0012:00 14:0016:0017:00 仙 人 7:00 8:3010:30 13:0014:3016:0017:00
烏谷森 9:0011:0014:00 16:0018:0019:00 烏谷森 7:35 9:0511:05 13:3515:0516:3517:35
仙 人 9:3011:3014:30 16:3018:3019:30 黒沢尻 9:3011:0013:00 15:3017:0018:3019:30

保存貨車写真[北上市立博物館]
[the Freight Car]
軌道跡
和賀軽便軌道が併用敷設されていた平和街道(国道107号)江釣子駅前バス停付近。
全景 側面
北上市立博物館(岩手県北上市)に静態保存されている当時の有蓋車。
木造で、大きさは長さ167.5cm,幅129cm,高さ213cmで扉は観音開き。
車輪 内部
左写真は車輪周辺でブレーキ装置は無い模様。右写真は貨車の室内。

引用参考文献
 著書引用に関して下記の方々に深謝の意を表します。
 大野浩光氏著「鉄道史学第4号」「和賀軽便鉄道の成立と地域社会」(鉄道史学第4号 1986年)
 和久田康雄氏著>「私鉄史ハンドブック」(電気車研究会 1993年)
 中川浩一氏ほか共著「軽便王国雨宮」(丹沢新社 1972年)
 「北上川とその流域に生きた人々」(北上市立博物館 1986年)

Email:tabuchi@kk-net.com © by Yoji Tabuchi, All rights reserved