豆相人車鉄道

明治28年−大正12年

軌道路線図と概要
[Prototype of the RailRoad]
路線図  人車鉄道で特に有名な豆相人車鉄道(軌間610mm、熱海−小田原間)は、明治時代の鉄道資本家で「軽便鉄道王」と言われた雨宮敬次郎の発案であった。
 明治15年(1882年)頃、結核療養で熱海に湯治に来た雨宮敬次郎は、当時人力車しかなかった往復の交通に不便と苦痛を感じ、熱海の有志と人車鉄道の建設を計画して特許申請を行い、明治23年(1890年)に軌道特許が交付された。
 その後、当初予定していた岩崎財閥(三菱)の資金援助が得られず資金調達に苦労したが、安田財閥の融資を受けた豆相人車鉄道株式会社は明治28年(1895年)に熱海−吉浜間の10.4kmを開通させた。そして翌年の明治29年(1896年)に吉浜−早川間の14.4kmが開通し小田原まで全通した。
 その後、小田原馬車鉄道が電化(小田原電気鉄道)された明治33年(1900年)、早川から0.52km延長して小田原電気鉄道と早川口で接続した。これにより熱海−小田原間は路線長25.3kmとなり、途中9の駅があって全線単線軌道で内13kmが現在の熱海街道との併用軌道であった。
 人車は、長さ1.62m幅1.5mで、上等(定員4人)、中等(定員5人)、下等(定員6人)に等級区別され、各々客室の内装が異なっていた。
 運賃は、明治31年時点で熱海−小田原間が下等で50銭、中等75銭、上等1円であった。
 人車は車丁が2,3人で押していたが、一番難所と言われた真鶴−江の浦間の急坂では下等の客は降りて人車押しを手伝わされた。そして下り坂になると、車丁は乗降口ステップに乗りブレーキ操作をしながら一気に下って行った。
 明治31年(1898年)頃には、一日14往復で熱海−小田原間を3時間50分で結んでいた。(現在の東海道新幹線は10分で結ぶ。)
 人車は熱海と小田原に常時20輌ほどあり、車丁は発車・到着・カーブ通過時に長さ約30cmの真鍮製ラッパ(豆腐屋のラッパ)を吹いていた。
 また大正天皇が皇太子であらせられた時、熱海に行啓されたおりこの人車に御乗車された。
 その後、豆相人車鉄道株式会社は明治38年(1905年)に熱海鉄道株式会社と社名を変更すると同時に蒸気動力への変更を計画し、明治40年(1907)に小田原−熱海間の蒸気運転を開始した。
 しかしその後、営業不振が続き明治41年(1908年)に「軽便王」雨宮敬次郎率いる大日本軌道株式会社に吸収合併され同社の小田原支社となった。軌間は後に762mmに改軌された。
 その後の経緯は、大正9年(1920年)に国鉄熱海線の建設に伴い大日本軌道小田原支社は財産と権利を国に売却し、国から路線を借りて熱海軌道組合が運営していたが熱海線の伸長に伴い路線が縮小され、大正12年(1923年)の関東大震災で壊滅的な打撃を受け復旧の見通しが立たないまま同年営業廃止に追い込まれた。
 参考までに、国木田独歩の小説「湯河原ゆき」に豆相人車鉄道の様子が、芥川龍之介の小説「トロッコ」に762mmに改軌中の大日本軌道小田原支社の様子が、更に志賀直哉の小説「真鶴」「子供四題・軽便鉄道」に大日本軌道小田原支社の蒸機列車の様子や運転風景が描写されている。

人車古写真
[the PassengerWagon]
人車 人車妻面乗降口ステップに乗る車丁
(写真は中川浩一氏所蔵)
人車 人車続行運転風景
(写真は宮田憲誠氏所蔵)
人車 人車続行運転風景
(写真は宮田憲誠氏所蔵)
人車 人車続行運転風景
(写真は中川浩一氏所蔵)
人車 伊豆山付近の人車
(写真は今井写真館今井利久氏所蔵、葛飾区郷土と天文の博物館編「かつしかブックレット15 帝釈人車鉄道」から転載)
人車 熱海停車場の人車
(写真は葛飾区郷土と天文の博物館編「かつしかブックレット15 帝釈人車鉄道」から転載)
人車 熱海停車場の人車
(写真は森信勝氏所蔵)
人車 相模湾沿い吉浜を走る人車
(写真は横浜開港資料館所蔵、葛飾区郷土と天文の博物館編「かつしかブックレット15 帝釈人車鉄道」から転載)
人車 豆相人車鉄道の客車
(写真は長崎大学附属図書館所蔵
「幕末・明治期日本古写真コレクション」)

人車 人車、車丁、乗客
(写真は松本直也氏所蔵)
人車 上等乗客
(写真は葛飾区郷土と天文の博物館編「かつしかブックレット15 帝釈人車鉄道」から転載)
人車 明治38年(1905年)
人車運行風景
(写真は葛飾区郷土と天文の博物館所蔵)
復元人車
左写真は2010年4月18日の「熱海ふれあい産業まつり」で展示された復元人車、右写真は2011年5月4日の「熱海ふれあい産業まつり」で展示された復元人車(上等車)。

引用参考文献
 写真提供ならびに著書引用に関して下記の方々に深謝の意を表します。
 中川浩一氏ほか共著「軽便王国雨宮」(丹沢新社 1972年)と同氏所蔵写真
 宮田憲誠氏著「遠い日の鉄道風景」(径草社 2001年)
 伊佐九三四郎著「幻の人車鉄道」(河出書房新社 2000年)
 森信勝著「静岡県鉄道興亡史」(静岡新聞社 1997年)
 鎌ヶ谷市郷土資料館所蔵写真
 葛飾区郷土と天文の博物館所蔵写真
 静岡新聞社編「静岡県鉄道物語」(静岡新聞社 1981年)
 加藤利之氏著「箱根山の近代交通」(神奈川新聞社 1995年)

Email:tabuchi@kk-net.com © by Yoji Tabuchi, All rights reserved